防災用ラジオのおすすめランキング5選!

防災ラジオチャンネル
防災ラジオ真実デマ

災害が起こったときに大切なのは正しい最新の情報を知っていることです。

落ち着いて避難情報や救助情報を集めたり、デマに振り回されないために防災ラジオを準備するようにしましょう。

ここでは、防災ラジオの特徴やおすすめのラジオ、災害時に聞くチャンネルなどを紹介していきます。

 

防災ラジオの便利な機能

  • 乾電池・ソーラー・手回しタイプ

ラジオで一番怖いのが充電切れ。
災害が起こった時は停電もありえるので、いざという時に「つかない…」とならないために、どのような充電タイプの防災ラジオを持つかは非常に大切です。

乾電池は使用期限があるので、できれば半永久的に使えるソーラーや手回しタイプの防災ラジオ持っておくのが安心でしょう。

 

  • USBから携帯を充電できる

連絡手段のためにいつでも携帯は使えるようにしておきたいですね。

防災ラジオによっては、USBケーブルを繋いで携帯を充電できるものもあります。

携帯の充電にはケーブルが必要になるので気をつけましょう

 

おすすめ防災ラジオ5選!

5位 Winhi

 

4位 Natuoke

3位 ラジオライト 全ての基本機能を搭載!

2位 AngLink ブザー付きで緊急SOSに対応!

1位 Greadio 抜群に明るいライトが特徴!

災害時のおすすめチャンネル

災害が起こった時、防災ラジオがあっても聞くべきチャンネルがわからなければ意味がありません。

そこで、一番最新の情報を与えてくれるおすすめのチャンネルは、「NHK第一ラジオ」です。

防災ラジオチャンネル
  • NHK第一ラジオ

災害が起こったとき、NHKの第一ラジオでは災害の最新の情報を提供してくれます。

チャンネル周波数は地方により異なるので、防災ラジオの本体に直接書きこんで、いつでも思い出せるようにしておきましょう。

 

まとめ

防災ラジオは防災リュック(非常用持ち出し袋)の中に入れておき、いつでも使えるようにして、合わせるべきチャンネルの周波数も把握しましょう。

もしもご家庭ですでにラジオがある場合は、今一度どんな機能があるかを確認してください。

要らない物を寄付しよう!

SAIGAI JOURNALでは、あなたの家の要らなくなったものを即時買取し、様々な団体に寄付します。あなたの家の要らなくなったもので、誰かを救いませんか?