災害ジャーナル(SAIGAI JOURNAL)とは

はじめまして、SAIGAI JOURNALの編集長津田裕大です。

この「SAIGAI JOURNAL」はTech Designという、災害によって悲う人を減らしたいという思いで防災事業に取り組む企業が運営しています。我々は、被災した地域の被災者や自治体、被災地支援団体など、当事者の方々に直接会いに行き、取材し、時には一緒に被災地復興を行なってきました。

災害現場を見聞きしてきた私が感じる災害に対しての問題は大きく分けて2つです。
①防災知識がない事によって知っていれば救われていた命がたくさん奪われている事
②そもそも災害に対し興味関心を持つ機会が圧倒的に少ない事

私たちは、この2つの問題を解決する為に「SAIGAI JOURNAL」を開設いたしました。

このメディアでは、これらの課題を解決する為、2つの軸でコンテンツを作成しています。

1.災害に対し興味を持つキッカケになる「災害特集コンテンツ」
→災害に関わる方々への取材によって、テレビでは報道されないような、災害の裏側を知ることができる特集を作成しています。

2.災害時に命を守る為の「防災コンテンツ」
→事前に知ることで、災害時に命を守れる防災知識をお伝えします。

「読むことであなたの災害への関心が広がっていく」
「あなたに必要な防災知識が身についていく」
「ほっと心が温まる、人を想い行動する事の素晴らしさに気づき、暖かい人格が育まれる」

そんな体験をお届けしていきます。

毎週特集記事を更新していきますので、日々の習慣としてお読みください。

編集部として、防災情報をたくさんの方に伝えていき、皆さまが、安心して過ごせる世界を目指します。