2019.08.13

大人数対応の防災セットおすすめ7選!家族や職場での避難に役立てよう

written by morino

夫婦や家族、職場など複数人で避難する場合や避難生活を送る場合、人数分の防災グッズを用意しておかなければいけません。

ところが、自分の分だけならまだしも人数分の防災グッズをひとつずつそろえようとすると、非常に手間や時間がかかってしまうこともあるでしょう。

そんなときは必要な人数分があらかじめそろっている、または複数セットが注文できる防災セットを活用すると、一緒に行動する人数分の防災グッズが効率よくそろえられてとても便利です。

今回は、防災セットのなかでもあらかじめ人数分がセットになっている、または複数での注文が可能な防災セットのおすすめ製品をご紹介します。

家族や職場でまとめて備蓄をしておきたい人も、ぜひ参考にしてください。

複数人数分の防災セットをそろえる上でのおすすめポイント

複数人数分の防災セットをそろえる上でのおすすめポイント
まず自分一人分だけでなく、複数人数分の防災セットをそろえる上で知っておきたいポイントを紹介します。

  • 必要なものをまずリストにする
  • 自分+誰と避難するかで防災セットの中身をチェック
  • リストにそって防災セットの中身+カスタマイズする

それぞれのポイントについてみてみましょう。

複数防災セットをそろえるおすすめポイントその1:必要なものをまずリストにする

自分と家族など複数の人数分を用意するときには、いっぺんに用意しようとすると手間がかかるか、どこからどこまで用意したかが把握できなくなることもあります。

さらに、自分とほかに避難する人で必要になるもの、逆に不要なものもあるでしょう。

過不足なく防災グッズを用意する、かつ複数人数分を効率よく確実に用意するためには、必ず自分や一緒に避難する人にとって必要なものを書き出し、リスト化するところから始めましょう。

複数防災セットをそろえるおすすめポイントその2:自分+誰と避難するかで防災セットの中身をチェック

複数人で一緒に避難する人の組み合わせは、大人+大人、男性+女性、大人+子供…などいろいろな組み合わせがあります。

一緒に避難する人との組み合わせによって、中身に違いがある防災セットもあるので、活用する方法もあります。

例えば、大人+赤ちゃんの組み合わせで、大人用防災セットとして赤ちゃんのグッズがふくまれているものなどです。

誰と避難するかで防災セットのリストを作り、リストにそった防災セットを選ぶのも有効でしょう。

複数防災セットをそろえるおすすめポイントその3:リストにそって防災セットの中身+カスタマイズする

最後に、防災セットはただ購入するだけではすべての必要な防災グッズがそろうわけではないということを覚えておきましょう。

最初に、作成しておいたリストに従って防災セットに実際に何が入っているかの中身をチェックします。

そのうえで必要なものは入れる、または必要に応じて何かを出して何かを入れる、というカスタマイズも有効になります。

例えば、非常持ち出し袋としての防災セットを作りたい場合は、あらかじめ非常持ち出し袋として必要な防災グッズがそろっている防災セットを選びます。

そのなかで、例えば食料としてアルファ米が含まれていた場合、より手軽に栄養が補給できて携帯性の高い、携帯食料に入れ替えるといったカスタマイズができます。

リストに合った防災グッズがそろっている製品を選ぶのと同時に、足し引きやカスタマイズをして自分や家族に必要な防災グッズをそろえるようにしましょう。

【家庭向け】複数人数対応おすすめの防災セット5製品を紹介

複数人数に対応している防災セットのなかで、家庭向けのおすすめ製品を5つ紹介します。
自宅や家族での災害への備えにぜひ参考にしてください。

家庭向けおすすめ防災セットその1:LAPITA シェルター

家庭向けおすすめ防災セットその1:LAPITA シェルター
LAPITAシェルター

軽量かつ撥水性の防災リュックに、必要な防災グッズが人数分そろっている防災セットです。
1~3人用まで対応しており、リュックは汎用性の高い35Lサイズで、カラー展開も豊富なため男性でも女性でも選べるようになっています。

付属している防災グッズはすべてLAPITAが開発、厳選したものです。
防災士が選んでいるため、本当に必要なものだけを選んでいるのと、機能性の高い防災グッズが選定されているのが特徴です。

また、防災グッズをすべて入れても余裕があるため、ある程度カスタマイズしながら防災セットを作りたい人にもおすすめです。

家庭向けおすすめ防災セットその2:LAPITA シェルターファミリー

家庭向けおすすめ防災セットその2:LAPITA シェルターファミリー
LAPITA シェルターファミリー お母さん+赤ちゃんの2人用

大人一人分+赤ちゃんに必要な防災グッズがそろった防災セットです。

使い捨ての哺乳瓶ボトルや、簡単に加熱できる加熱セット、おむつゴミの匂いをシャットアウトするゴミ袋などが、防災グッズに含まれています。

付属しているのはシェルターの防災リュックのため、大人と赤ちゃんの防災グッズをまとめて入れても運べるだけの余裕と軽量性も魅力です。

自分の分と、赤ちゃん用を一緒に防災セットとして作りたい人におすすめです。

家庭向けおすすめ防災セットその3:LAPITA ものすごい防災セット

家庭向けおすすめ防災セットその3:LAPITA ものすごい防災セット
LAPITA ものすごい防災セット

1~3人用まで対応した防災セットです。
人数分の防災セットに加えて最大の特徴が、リュックにもキャリーバッグにもなる防災バッグがセットになっていることです。

普段は背中に背負って防災リュックとして活用できるだけでなく、疲れたときや二次避難のときには転がして運ぶこともできます。

高齢者の方同士の避難や、大人+子供などひとりの人が持つ荷物が多いとき、二次避難用にも使える防災セットを探しているときにも向いています。

家庭向けおすすめ防災セットその4:防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セットplus

家庭向けおすすめ防災セットその4:防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セットplus
防災防犯ダイレクト 地震対策30点避難セットplus

防炎性、防水性、防汚性が高く、自立式、取っ手があって持ちやすい、反射材付きとスペックの高い防災リュックがセットになった防災セットです

防災セットはデザイン性が高いため、玄関先やリビングにもそのまま置いておけるため、非常時でもすぐに持ち出せます。

大人2人用の防災セットと防災リュックがセットになっているもののほか、大人+子供用の組み合わせセットも購入できます。

もちろん、防災リュックも子供仕様になっているため、子供でも背負って迅速な避難が可能です。

いつでも持ち出せる防災セットを作っておきたい人にもおすすめです。

家庭向けおすすめ防災セットその4:株式会社ペアークレーン ヘルメット付き 防災セットDX 3人用と4人用

家庭向けおすすめ防災セットその4:株式会社ペアークレーン ヘルメット付き 防災セットDX 3人用と4人用
株式会社ペアークレーン ヘルメット付き 防災セットDX 3人用と4人用

防災グッズと防災リュックがセットになっている防災セットを購入しても、ヘルメットや防災頭巾がセットに含まれていないことも多いです。

リストを作ってひとつずつそろえていっても、ヘルメットが入っていない…ということも。

こちらの防災セットは、あらかじめヘルメットが人数分セットになっているのが特徴です。

対応している人数も、1人~4人と幅広いため、ご夫婦やカップル用として、ご夫婦+子どもの人数分の家族用防災セットを作っておきたいときにも選択肢に入ります。

【企業向け】複数人数対応おすすめの防災セット2製品を紹介

複数人数の防災セットを用意しておく必要のあるシーンは、家庭だけはありません。
多くの従業員をかかえている企業や事業所、店舗などの施設も災害への備蓄をしておく必要があります。

企業や事業所向けの防災セットは、従業員が帰宅困難になった場合の支援を行う防災セット、一時的に従業員が企業内にとどまる場合に支援を行う防災セットの2つに分かれます。

企業や事業所で備蓄しておきたい、複数人数に対応したおすすめの防災セットを2製品紹介します。

企業向けおすすめ防災セットその1:備館(be-kan )帰宅用セットA

企業向けおすすめ防災セットその1:備館(be-kan )帰宅用セットA
備館(be-kan )帰宅用セットA

企業や法人向け専用の防災セットや防災グッズを販売している「備館(be-kan )」の防災セットのひとつです。

災害発生時は公共交通機関もストップしてしまい、従業員のなかでも多くの帰宅困難者が出る可能性が高いです。
徒歩で自宅や避難先へ帰宅する場合に、企業としては従業員の帰宅支援ができる防災セットを用意しておくと良いでしょう。

こちらは、非常持ち出し袋として使える防災リュックに、ヘルメットや携帯型の非常食、水、携帯トイレ、防水ライトなど帰宅を支援するグッズがそろっています。

複数人数分をまとめて購入可能です。

企業向けおすすめ防災セットその1:備館(be-kan ) 3Day’sライフカプセルII

企業向けおすすめ防災セットその1:備館(be-kan ) 3Day'sライフカプセルII
備館(be-kan ) 3Day’sライフカプセルII

安全確保のため、企業内に従業員がある程度とどまる必要がある場合にも防災セットが必要になります。

こちらの防災セットは、3日間企業内にとどまるさいに必要な飲料水と保存食、衛生用品が中身としてセットになっています。

備蓄用の防災セットのため、防災リュックはセットになっていません。

すべての防災セットがA4サイズでコンパクトにまとめられているため、ほかのファイルなどと一緒に机のなかやキャビネットの中に収納して備蓄できます。

企業内で備蓄しておく防災セットを人数分購入しておきたいときや、場所を取らずに備蓄できる防災セットを探している人にもおすすめです。

おすすめの防災セットを人数分備蓄に役立てよう

家族など一緒に避難をする人がいる場合や、企業や事業所では職場としてあらかじめ必要な人数分の災害への備えや備蓄をしておかなければいけません。

防災セットのなかでも、複数人数分の防災グッズが含まれているものやまとめて注文できるものを活用すれば、人数分の備蓄も効率よく進められます。

リスト作りや中身をしっかり確認し、過不足なく防災グッズをそろえて災害への備蓄を万全にしておきましょう。