火事の防災・対策ポイント

火事
防災博士

やあ、諸君。私は防災博士だ。

火事というのは人の不注意によって誰の身にも起こりうるものだ。

そして一瞬にして、命や大切なものを奪っていくものだ。

火を前にした時に、どうやって行動すればいいのかの正しい知識を持っている人は少ない。

だからここでの情報は、君や大切な人の命を万が一の時に守る武器になるんだ。

 

さて、それでは住宅火災の対策にスポットライトを当てて、正しい防災準備や知識を君たちに教えていこう!

01.火事を起こさないために

起こる原因と

住宅火災の火元として、1位「たばこ」の次に、2位「ストーブ」、3位「電気器具」が続いています。

火災発生原因のグラフ出典:政府広報オンライン

防災博士

こういう火元から布などの燃えやすいものに火がうつって大きな火事になるんだね…

じゃあ、どのようにして日頃から気をつけるかを習慣と対策に分けて見てみよう!

基本の対策7つのポイント

火事が怒らないようにするために、消防庁では、「いのちを守る7つのポイント-3つの習慣、4つの対策」として、以下のような防火対策を呼びかけています。

習慣1.  寝たばこは絶対にしない

寝タバコ火事の原因
うとうとしてタバコを落としてしまい、火傷の危険性もあります。
灰皿があるからと油断は禁物です。基本的に寝タバコの習慣自体をやめましょう。

また、家の中でタバコを吸う場合は、火がついたタバコを放置することは避け、その場を離れる時は火を消しましょう。

習慣2.  ストーブの近くに燃えやすいものを置かない

灯油ストーブ火事の原因

特にカーテンなどの下にストーブを置いてしまっている場合は燃え移ってしまうことがあります。

また、ブランケットや洗濯物など、燃えやすいものを近くに置くことは避けましょう。

習慣3.  コンロに火をつけたままで側から離れない

火事の原因コンロ付けっ放し

料理中の電話や来客、子どもの相手などでその場を離れたり目を話さなければならない時は、一度火を消すようにしましょう

またコンロの周りには燃えやすいものを置かないように調理中に気をつけるようにしましょう。

対策1.  「住宅用火災報知器」を設置する

住宅用火災報知器
消防法により、すべての住宅に基本的に「住宅用火災警報器の設置」が義務付けられています。
原則として寝室に設置が必要です。
寝室以外の場所も、条件や市町村条例で設置が必要となる場合があります。
詳細は地域の消防署にお問い合わせください。

対策2.  寝具やカーテンなどには防炎品を使用する

火事の対策防炎用の寝具
寝具やカーテンなどは、防災品でないものを使っていると、火がついた瞬間一気に燃え上がる可能性があります。
購入の際は、防災品であるかの記述を確かめてから購入するようにしましょう。

対策3.  住宅用の消火器の設置

火事の対策住宅用消火器
万が一に備えて、住宅用消火器を一台置いておくと安心です。
消火器の管理に関して気をつけること
  1. 高温多湿を避けて設置する
  2. さびついたり変形しているものは、専門業者に点検を依頼する
  3. 一度安全ピンを抜いた場合、噴射していなくても専門業者に点検を依頼する

対策4.  日頃から隣近所との協力体制をつくる

火事の対策近所づきあい

もし留守の際に家事が会った時に、頼れるのは近所の方による通報です。

また、家族に高齢者や身体の不自由な方がいる場合は、隣近所の方々にあらかじめ協力をお願いしておくことでスムーズに避難することができます。

防災博士
さて、気をつけるべき習慣と対策はわかったかな?

図でまとめておいから、しっかりと頭に入れて火事を防ごう!

住宅防火の命を守る7つのポイント

02.火事発生時

防災博士
それでは早速、もし「今」火事が起こったときに正しい対応ができるかの知識を確認してみよう!

火事の正しい知識・行動○×クイズ!

Q1.IH調理器だと天ぷら火災は起きないので、揚げ物の際も安全だ
×

天ぷら火災は、油が高温になって自然発火するのが主な原因です。

炎の有無や熱源にかかわらず、油の温度が約370 ℃になると油自体から自然発火します。直火のないIH調理器でも同じです。

Q2.調理中、油に引火したら水をかける
×

慌てて水をかけるのは危険です。

水が飛び跳ね火傷したり、燃えた油が飛び散り火災が大きくなる可能性もあります。

まずは消火器を吹きかけて消火しましょう。

消火器がなければ、濡らした大きめのタオルや毛布を手前からかけて、空気を遮断します。空気の遮断により消火することができます。

Q3.石油ストーブから火が!危ないので離れたところからホースで水をかけた
×

真上から一気に水をかけて消火しましょう。斜めに水をかけると石油が飛び散って危険です。

石油が流れて広がっている場合は、こちらも大きめの濡れた毛布などでまず燃えているストーブを覆い、空気を遮断します。その上から水をかけて消火しましょう。

Q4.電化製品から火が!とりあえず水をかける
×

いきなり水をかけると感電の危険があります。

コードをコンセントから抜いてから消火しましょう。できればブレーカーも落としてから消火しましょう。

参考:ウチコト 東京ガスくらし情報サイト

消火器の正しい使い方

防災博士
家に消火器を置いていたとしても、使えなければ意味がないよね。

ここでは消火器の使い方を説明しよう!

一緒にシュミレーションはできないから、動画で使用の際のイメージをつけれるようにしたぞ。

消火器の使い方

消火器 使い方の説明図出典:住宅防火関係

消火器を使う3つのステップ
  1. 安全ピンに指をかけ、上に引き抜く
  2. ホースをはずして火元に向ける
  3. レバーを強く握って噴射する
消火器の構え方
  1. 風上に回り、風上から消す
  2. やや腰を落として姿勢を低くし、熱や煙を避けるように構える
  3. 燃えているものにノズルを向け、火の根元を掃くように左右に振る

初期消火三原則(知らせる・消す・逃げる)

1. 見つけたら早く知らせる

火事の初期消火の三原則早く知らせる出典:Hita Volffit5

火災を見つけたら、近隣の方や住人にいち早く知らせましょう。

「火事だ!」と大きな声で叫ぶことで知らせることができます。

また、小さな火でも広がってしまう可能性もあります。すぐに消防車を呼ぶことが大切です。

2. 早く消火する

火事の初期消火の三原則早く消す

出典:Hita Volffit5

出火から3分以内が、消火できる限度です。消火器だけに頼らず、座布団で火を叩く、塗れた毛布で火を覆うなどの手段も有効です。

3. 早く逃げる

火事の初期消火の三原則早く逃げる出典:Hita Volffit5

天井に火がうつったり、自分の手に負えないと思った際は迷わず逃げましょう。

その際は扉などを閉め、火に空気が入らないようにして燃え広がらないようにすることも重要です。

正しい避難の方法

防災博士

じゃあ次は避難の仕方だね。

住宅火災の死因は、逃げ遅れが全体の8割以上(放火自殺者・不明・調査中を除く)だね。

逃げ遅れないために早く気づくことと正しい避難が大切だ

住宅火災による経過別死者発生状況(平成27年中)

火事逃げ遅れ死因出典:政府広報オンライン

避難の仕方

避難をする際に、下の階で出火していてすでに煙が充満している場合は隣の家の屋根などに避難するという手段もあります。

煙が充満してきた際には、ハンカチやタオルで鼻と口を塞いでできるだけ低い姿勢で避難するようにしましょう。

火事姿勢を低くしてタオルで抑えて避難出典:生死を分ける避難の知恵 —その1 火災避難時の基礎知識—

それらがない場合は、洋服を代用して鼻と口を抑えるだけでも効果があります。

避難煙が部屋や廊下に充満してきた時には、ハンカチやタオルで鼻と口を塞いでできるだけ低い姿勢で避難するようにしましょう。

煙を一息でも吸ってしまった場合、一酸化炭素中毒で気を失ってしまう可能性もあるので、できる限り煙を吸わないようにして逃げるようにしましょう。

火事の知識・行動まとめクイズ

Q1.天ぷら油が燃え上がってしまった!消火器があるが、どうやって使ったらいい?
消火器を使う3つのステップ
  1. 安全ピンに指をかけ、上に引き抜く
  2. ホースをはずして火元に向ける
  3. レバーを強く握って噴射する

基本的に消火器本体に記載しているので、それに従えば使えますが、使い方を覚えて瞬時に使えるようにしましょう。

Q2.タバコの火が絨毯に燃え移ってしまった!消火器がないがどうする?
消火器がない場合は、座布団で叩く・水をかける・濡れた厚手のタオルをかぶせるなどの手段が有効です。それでも火が消えず、天井に燃え移ってしまった場合は危険ですので避難の手段を取りましょう
Q3.二階にいたら、気がついたら部屋に煙が充満していた!火元はおそらく一階のキッチン。どうやって避難する?
煙が充満していることを考えると、すでに初期消火は間に合わない可能性が高いです。火を消しに行こうとしないでください。

窓があって、隣の家などの屋根に飛びうつれそうならそこから避難しましょう。また、雨樋を伝って地上に降りるなどの方法もあります。

参考:ウチコト 東京ガスくらし情報サイト

03.まとめ

防災博士

どうだったかな。

火事が起こった時にどのように行動するのが正しいのか、イメージはついたかな?

明日もしも火事が起こったとしても、君や、君の周りの大切な人たちが助かるように

これからも私たちは正しい知識を伝えていくぞ。

要らない物を寄付しよう!

SAIGAI JOURNALでは、あなたの家の要らなくなったものを即時買取し、様々な団体に寄付します。あなたの家の要らなくなったもので、誰かを救いませんか?

1 個のコメント